00093

転職時期によって内定の取れる確率に差がある?転職を決断するベストタイミングとするべきこと

2016年7月25日

転職をしようと決めたはいいもののどのタイミングで臨めばいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか?募集自体は年中あります。にも拘らずなかなかうまくいかない時期が続いている方は転職活動を行うタイミングが悪く採用を逃している場合があります。ここでは転職活動に最適な時期があるのかを中心にまとめていきます。

転職に有利な時期

心機一転始めるためにと4月に転職活動を考える方が多いと思いますが、それは危険です。4月から6月の間は新卒社員が採用される時期にあたるため中途採用の枠自体が少ないためです。狙い目となる時期は1月から3月です。この時期は会社側が人員の見直しなどが行われるため、中途採用で人員を補充しようと考える会社が増えるため中途採用の募集が増えるのです。ボーナスを貰えるのが12月のためその後、会社を辞めるという方が多いのも1月から3月が転職活動に有利である理由になります。同じような理由で9月から10月も転職に有利と言われています。8月がお盆など休みが多い時期になるため反動から募集が増えます。注意深く募集情報を集めていきましょう。

時期が影響する転職

転職の募集の種類にも違いがあります。人気の高い企業や毎年一定素の募集を行う企業には人気が集中し非常に狭き門となります。このほかの場合はある程度自分の能力次第で採用できるのかが変わります。人気の高い企業だからって自分がやりたい仕事あるかは違います。自分の希望する職業の繁忙期は転職希望者が少ないため穴場となります。自分が希望する職種がどの時期に忙しいのかを把握しておきましょう。

転職する前の引継ぎをしっかりと

自分は転職するから関係ないというわけにはいきません。快く送り出してもらうためにも引継ぎをしっかりとしましょう。一方的な契約解消は転職する会社側にもトラブルとして迷惑をかけることになります。できるなら1月前に遅くとも2週間前には報告しましょう。自分がいなくなってもその会社は続いていきます。あまりいい思いをされていなかった会社だとしても雇ってもらっていたわけですから多少の恩は返すべきでしょう。立つ鳥跡を濁さずされるよう心がけましょう。

まとめ

転職に有利な時期というのはありますが、採用の可能性が上がるだけだということをお忘れなきように。まずは自分が働きたい職種を探しその仕事について知ることから始めていきましょう。