00174

男女別転職活動で好印象を与える服装

2016年12月20日

転職活動をしていく中で自分をどうアピールするか悩むこともあるでしょう。転職活動では書類や面接での受け答えと同じように、服装やメイクも重要になってきます。新卒での就職活動とは違った服装やメイクのポイントが転職活動にはあります。

転職活動の服装で最低限守るべきこと

就職活動と転職活動で好印象を与える服装は異なりますが共通するポイントもあります。まず一つは清潔感のある服装でさわやかで健康的な印象を与えることです。髪はボサボサでホコリがたくさん付いた服装では不潔な印象になり、一緒に働きたいと思ってもらえません。だらしない服装は相手にやる気がないと思われたり意識が低い印象を与えてしまうので、服装の選び方も気を付けて幅広い世代に好印象を与える服装を心がけましょう。

転職活動に適した服装男性編

転職活動に適した服装は就職活動とは異なります。新卒採用の就職活動ではリクルートスーツを着用して面接などに挑みますが、転職活動の際には頼りなく見えたり印象が薄れてしまうことがあります。スーツの色は明る過ぎないもので柄は無地か目立たないものにしましょう。また、サイズはぴったりのものを選んでしっかりした印象を与えましょう。ボタンの留め方は三つボタンは真ん中、二つボタンは上だけ留めましょう。ワイシャツは白が基本です。ベルトは靴の色と合わせてバックルのデザインはシンプルなものを選びましょう。靴はしっかり磨き、かかとがすり減ったり傷が付いたら修理しておきましょう。カバンは靴の色に合わせて面接のときに置いても倒れないように自立するものを選びましょう。髪は短く切って清潔感を出すのがベストです。

転職活動に適した服装女性編

女性の場合スーツは派手なものを避けつつリクルートスーツのようにならないものを選びましょう。スカートは膝の真ん中から少し上ぐらいの丈がキレイに見えます。パンツの長さはヒールの付け根より数ミリ下に裾が来る長さがベストです。パンツとスカートは自分に似合う方やどのような印象になるかを考えて選びましょう。インナーは白いブラウスか淡色のシャツまたはカットソーを着ると清潔感のある印象を演出出来ます。下着が透けてしまうのはNGなので、インナーと同じ色のキャミソールを着用すると良いでしょう。メイクはナチュラルメイクを心がけて、髪型は低めのポニーテールがおススメです。自分を効果的にアピールしましょう。