00093

金と名誉が手に入る仕事を教えてください

2015年9月30日

末は博士が総理大臣なんて子供の頃、言われるほど成績もよく、人気のあったという人も、いるのでは。もしくは、周りにそんな同級生いたな、なにしてるんんだろう、今や総理大臣、いやこの先なんてことがあるのかも。
博士は、大学教授になっても収入が低く、研究をひたすらして、よっぽど世紀の発明や、新たな説が生まれないと、大きな収入アップにはつながらないでしょう。助教授や非常勤講師などは、バイトしているほどがマシと言われるほど、収入も低く、授業に費やす時間がかかるなど、低収入です。
では、総理大臣は、どうでしょうか。想像を絶するほど、国や世界の重要事項を決定し、行事にも参加しないといけないものの、収入で言うと約年収5000万、しかも税金から、名誉もプラスどころか、歴史に名を残します。
政治家ってどのくらいお金をもらってるんでしょう。

内閣総理大臣の収入

ズバリ年収は、推定ですが、5100万円ほど。この金額が国のトップとして高いか低いかは、各々、人によるでしょう。実際、大企業の社長や、有名人などは数億、数十億と収入がある人がいます。国のトップなんだからもっと収入を上げた方がいい。という人がいたとしたら、ちょっと考えてみてください。数億も税金で払っていたら、消費税も10%ですみません。
ちなみに内閣総理大臣の給与は公務員の中で最高値。
年収は基本給に各種手当及び、ボーナスを加算したものです。ほかにも、首相クラスになると、土地や会社など資産を所有していますので、そちらの収益もあるというのが実際です。なので、元々、お金に苦労などする経験がないひとばかりでしょうね。

トップクラスの収入

大企業など民間の会社で億単位を稼いでいる人は多くいますが、公務員などトップの役職がある人の給与はどうでしょう。
たとえば、三権の長である最高裁判官は、総理とほぼ同額。日銀総裁は年収にすると3500万円ほど。都道府県知事だと、それぞれ違いますが、平均で2000万円程度。税金で収入を賄われている職種のトップの年収を、高いと捉えるか、低いとするか、判断がわかれるでしょう。
ちなみに、各国の総理大臣だと、アメリカ大統領は4000万円、フランス大統領2400万円などが上位です。シンガポール大統領は約1億8300万円とトップで、日本は上位7、8位ほどです。
日本のプロ野球のレギュラーじゃない人でも5000万円くらいもらってたりするので、正直あまり高すぎて感覚が麻痺してきます。
あとは頑張って勉強して、まずは議員当選をめざしましょう。