00010

営業の仕事で韓流アイドルのDVDとか見ながら仕事したい

2016年1月28日

休みの日だとほかにやることがあるし、仕事中がちょうど近くに買い物したいところもあるし、車で移動する営業の仕事だから韓流アイドルのDVDとか見やすいのは、ちょうどその時だし、休憩中や相手先に合わせて空き時間とかあるし、ちょうど間の時間でちょうどいいんだよねー。そもそも、自分の都合で空き時間ができたわけじゃないし、あくまで相手先の都合によってあいた時間を有効利用してる、これは仕事のうちにはいるし。前上司にそのことを遊び半分か本気で言われたけど、私のしてることはそんなに間違ってない。営業って夜遅くまで働いてるし、拘束時間長いんだよ、こうでもしてないとうつになって、かなりしんどいよ、楽観的にしないと、人としゃべる時は明るくしないといけないんだから。
営業などの仕事だと、相手先の都合に合わせていたりするので、結構時間が遅れたり、空き時間が増えて、結局勤務時間も増えてしまうもの。このような職種の、勤務時間の規定ってあるのでしょうか。

時間がゆるく設定されている仕事

みなし労働時間制って聞いた事ありませんか、就業規則に書かれているところもあるかもしれませんが、きっちりした勤務時間を定めにくい職種などに適応される制度です。大きく分けると、事業場外みなし労働時間制、専門業務型裁量労働制、企画業務型裁量労働制、というものにわかれます。
例えば工場で流れ作業している工員なら、時間内をフルに稼働して働いていますが、営業職や企画職など勤務なのかプライベートなのか境目が曖昧な職種の場合、1日あたり8時間働いた事とみなされることが多いです。なので、空き時間にDVD を見るのがありかなしかは微妙ですが、それだけ長く勤務している間の少しならいいのかもしれません。

どんな仕事が

営業マンの場合、事業場外みなし労働時間制にあたり、会社や上司の目の届かないところで労働しているので、労働時間を正確にカウントする事が困難というのが理由です。
このように事業所外で仕事の直接的な命令・監督を受けずに働く場合
他には研究者などは専門業務型裁量労働制にあたり、特殊な技術などを研究・開発している場合、仕事の進み具合によって日々の労働時間が大きく異なるのが理由です。
ゲームソフトの製作に関わる労働者は企画業務型裁量労働制にあたり、仕事時間のカウントが難しいためです。みなし労働制度は、多少の遊びの猶予はありますが、その分勤務時間も長くなりますので大変です。