00093

転職でキャリアアップするためには?

2016年3月29日

これまでの終身雇用という概念は無くなり、新卒で入った会社に定年まで勤めきる人は少なくなりました。同時に転職が当たり前になり、私たちは転職を機にキャリアアップを狙う必要性が高まってきています。しかし、結果的に転職先で給料が下がったり、自分のイメージと違っていたりと失敗している人が多いのも現状です。私たちは会社で働きながらキャリアアップのための転職に備えておく必要があります。今回はそんな転職によるキャリアアップ成功法をご紹介します。

そもそもキャリアアップって?

近年よく耳にするようになった「キャリアアップ」という言葉。単に大手企業に転職したり、給料がアップすることだと思っていませんか?キャリアアップと言ってもその意味は様々です。
・技術知識を増やす、または伸ばすこと
・身につけたスキルを活かして新たな分野に仕事の幅を広げること
・待遇や地位をアップさせること
自分の中で優先順位を考え、欲張らないことが大事です。

まずは目標やビジョンを明確にする

キャリアアップは偶然勝ち取れるものではありません。具体的なキャリア計画や目標を立てることが重要です。まずはしっかりと自己分析し、これから何をやっていきたいか?どこを伸ばしていきたいか?について考えてみましょう。目標やビジョンが明確になると手段が見えてきます。スキルアップや転職活動が無理なく計画的に進むためのスケジュールを立てることが大切です。

着実な企業研究とスキルアップ

キャリアアップは自分の目標と企業側のニーズがマッチしたときに初めて成功します。自己分析だけでなく、転職先で自分が活躍できるのか?キャリアアップが望めそうか?という視点で企業研究も進めておきましょう。転職エージェントを利用するのも有効です。プロの転職アドバイザーから求人を紹介してもらったり、客観的なアドバイスをもらうことができます。また、企業研究で自分のスキルが不足していると感じたら、資格取得やスキルアップを進めておきましょう。

企業とコンタクトを取る

キャリアアップできるかは企業とのコンタクトにかかっています。面接等で自分の要望を伝えたり、強みをアピールできるかがカギとなります。その際、気を付けたいのが志望理由です。たとえ転職目的がキャリアアップだとしても志望理由に対して「キャリアアップのため」と伝えるのはNGです。自分のスキルやできることをしっか