00012

女性にとって優しい企業の見分け方

2015年12月27日

転職サイトに掲載されている多くの転職情報。どの会社も待遇などは良い情報を載せています。「女性も働きやすい環境です。」とうたっているところ、「女性が大活躍!」などと、決まり文句のように掲載されています。 女性にとって良い会社を選ぶためには、それらの文言だけでは区別がつきません。 実際は、そうではない会社もあるからです。では、一体どのように見分けることがベストなのでしょうか。今回は、女性にとって良い会社かどうかを判断する簡単な方法を紹介しましょう。

見分けるための方法がある! 

ここ最近では、女性が働きやすい企業であるのかどうかを見分ける方法があります。転職サイトなどで女性が働きやすい会社として紹介されている会社ももちろんその1つですが、すべての会社がそこで紹介されているかどうかといえば、そうではありません。漏れてしまっている会社もあるのです。本当は、女性が大活躍することが出来る会社なのに、紹介されていないという会社もあるのです。そんな会社を見つけるため、様々な団体が、評価をしているものを見る必要があるのです。では、どのようなものがあるのでしょうか。

(1) くるみんを取得している会社を探す
厚生労働省が、子育てサポートをしっかりしている企業に「くるみん」というマークを認可しています。このくるみんに認定された企業は、くるみんというかわいいロゴを商品に貼り付けても良いことが許されます。このくるみんとは、短時間勤務や女性従業員の育児休業取得率が70%以上など、育児と仕事の両立のための行動計画を立て、一定の要件を満たした企業が申請することで取得出来るものです。しっかりとした審査を突破しないと認定されないロゴマークなので、このロゴを使っている企業ということは、女性が積極的に働くことが出来る会社でもあるのです。

(2) なでしこ銘柄
東証一部上場企業野中から、女性が長く働くことが出来る環境づくりをしたり、女性キャリアの促進を積極的に取り組んでいる会社から選出されるものです。この銘柄に選ばれた企業は、企業的に安定しているだけではなく、女性が働きやすい環境が整っているということにもなります。

まとめ 

今回は、様々な手段で、女性が働きやすい会社を見分ける手段について紹介していきました。このように、女性が働きやすい環境を積極的に整えようとしている会社は、客観的に評価されている時代になってきました。 転職情報サイトだけではなく、このような第三者の目が入った情報を集めることも良いのではないでしょうか。